順送り

食物を「味わう」のは舌だけじゃないんですね。歯も上顎も下顎も、口の中全部で味わうようになっているのですね。

なぁ〜んて妙なこと言い出したのは、今、歯がなくて、フリッパーという部分入歯をしているからです。それを付けたまま食事をしてみましたら、プラスチックのカバーが上顎に付くので口の中がぎごちなく、また食べ物のも美味しくありません。自宅で食事をする時は入れ歯を取ってしまいますが、レストランで食事をする時はどうしようかと思っています。

このフリッパーで義母を思い出しました。義母もフリッパーをしていました。「こんなもの入れて食べていたんだ、美味しくなかったろうなぁ」と今、身を以って分かります。看護士さんにフリッパーを毎日洗ってくれるよう頼んでおいたのですが、洗ってありませんでした。そして義母に嵌めてもくれていませんでした。私は毎日行かれなかったけれど、行った時は洗ってあげました。年寄りのことが分かるようになるには自分も歳をとらないとダメなんですねぇ。ま、順送りで、皆同じ目に遭うということなんでしょう。