Fences観ました

Fences


舞台作品の映画化。そのためセリフが長く続きます。私は舞台作品の映画化が好きではありません。舞台作品は舞台で観てよいのであって映画には向かないと思うのです。
Denzel Washington監督兼主演。デンゼルの顔のクローズアップが多いです。自分で監督して自分の顔をこれほどクローズアップ出来るとは余程自分の顔に自信があるんだろうな、と思いました。確かにアップに耐え得るハンサムではあります。
「夫とは、妻と子供に責任を持って家庭を維持してさえいれば、その現実的な家庭から逃れた別世界を持ってもよい」と思う中年男。男の妻がみせる女として、妻として、そして母としての申し分ない強さ寛容さが余韻を残します。
作品中の俳優たちは皆味のある演技をしているので、舞台作品でない別の作品を演じてもらいたい気持ちになりました。