The Happy Prince 観ました

The Happy Prince

f:id:nykanjin:20181014105537j:plain

19世紀後半に人気のあった戯曲家オスカーワイルドが刑期を終えてから死ぬまでの2~3年ほどの間の話。

ジョージ・バナード・ショーと共にオスカーワイルドの言葉もよく引用されるため私は名前だけは知っていました。

これは相棒からの又聞きですが、当時、ホモセクシュアリティは法律違反であったそうです。ただし売春と同じで見て見ぬふりされることが一般的で、ワイルドが実刑に処せられたのはホモ行為そのものより、それを否定して告訴し、ウソがバレ、法廷で虚偽の証言をしたことへの刑罰でした。

この作品では、芸術家の自己中心的で弱い性格を全面に出しており、誠実さのないオスカーワイルドの人間性に気分が悪くなりました。また、ワイルドを演じる俳優の顔にも声にも魅力がないように感じました。当時、彼に人気があったのは、態度や語り口にもっと魅力があったからではないだろうかと思うのですが、それがうまく演出されていませんでした。

The Happy Priceとは、子供の頃読んだ童話「幸せの王子」のことだったと気がつきました。あの童話の作者がオスカーワイルドだったのかと今更ながら驚きました。自分の性格とは正反対の慈悲深い王子をオスカーワイルドは求めていたのでしょうかしらん。

A Crooked Somebody 観ました

A Crooked Somebody

f:id:nykanjin:20181009035814j:plain

 “Better to be an honest nobody than a crooked somebody” という言われがあります。

『邪悪な有名人より正直な無名人になれ』悪いことをして成功者になるよりも、無名のままで正直に生きろという教えです。

主人公は教えに背いて悪いことをして有名になろうとしますが、その場の思いつきばかりで計画性がないためボロが出まくります。最後に誰が本当の crooked somebody なのか、分かります。

ストーリーは面白いですが、演出に少し物足りなさを感じました。せっかくのエドハリスの渋みも無駄づかいになってます。

ポジティブな日

今日は爽やかな風の吹く良い天気でした。それと、ジョセフマーフィーという人のポジティブ思考のビデオをみたせいで前向きな気持になったせいか、いつも1軒しかできない買物を4軒も済ませ、今、洗濯をし始めている私。いつもは買物を1軒すると洗濯は翌日に回したりして、一日にするのは掃除と買物1軒だけでしたが、ポジティブビデオの効果が効いたようです。

10年近く使っていたコーヒーメーカーが壊れたのは2日前で、買い直しをしなければと思いながら、どうにも面倒でオンラインで買ってしまおうと思ったのです。でもBBB店の20%引きのクーポンがあったし、気分もポジティブだったので買いに出かけました。クーポンをだしたらレジのお婆さんが気持よく値引きしてくれて、更に私の髪の毛を「凄くヘルシーでステキね。掴みたくなるわぁ...あ、それほど綺麗だってことよ」と褒めて(多分)くれました。

私の髪の毛は昔から針金のようでした。若い頃は足柄山の金太郎。母親から貶されていました。それで私は自分の髪をいいと思ったことは一度もなく、細くてフワッとして艶やかな女の子らしい髪に憧れていました。

ところ変われば、で、米国では私のようなボリュームたっぷりで太い髪がいいと思う人たちがいるようです。バスの中とかエレベーターの中で知らない老女に声をかけられて褒められることがチョクチョクあります。私は髪にはお金をかけてません。自分で切りますし、自分でパーマもかけてしまう。パーマはいつも失敗しています。シャンプーもリンスも安物。いままでは毎日洗髪していましたが、最近は1日置きぐらいになってます。ま、ババァの割にボリュームはありますが、特に艶もないし、褒められるのがホント不思議でなりません。よく考えると、不格好な身体の私が無理して褒められる所と言ったら髪ぐらいしかありませんわね。でも褒められると悪い気はしません。私は自分が褒められることも、私が人を褒めることも、お世辞のようで何となく気恥ずかしい気になってしまいます。もっと素直にならねばなりませんわな。

洗濯物を持って地下のランドリールームまでエレベーターに乗ろうとしたら、中にいた小柄なスパニッシュ系の女性が、私の車付き洗濯カゴを引っ張り入れてくれました。カゴの他に私は捨てるための空箱をたくさん持っていたので動きがとれずにいたのです。下まで降りたら、その女性は「その箱を捨てていらっしゃいよ」と言いながら、カゴをランドリールームまで運んでおいてくれました。私が空箱を地下まで運ぶのは、今、裏方のエレベーターが修理中で使えず、ビルのスタッフはゴミ収集に苦労しているようなので、嵩張る箱は下へ運んでおいてあげようと思ったのです。そのスパニッシュ系の女性もそのことを知っていて、「いいことね」と言って協力してくれたのだと思います。私の少ない経験のみでの話ですが、南米系、特にアンデス山脈辺りのスパニッシュ系の女性は優しい心の人が多いように思います。

気持の良い日

いつもは失礼な人にばかりあうNY市で、きのう買物に出たら、礼儀正しい人にばかり遇いました。こういう日もあるんだなぁ。神様が、いろいろな日があるんだよっと教えてくれたような気がしました。

まず、歩道が工事中で一人しか通れない幅の箇所があったのですが、乳母車 (あ、今はベビーカーと呼ぶのかな) を押してきた女性が向かい側から来たので、私は歩道脇に避けてその人が通り過ぎるまで待っていたのです。するとその女性は笑顔を作って「サンキュー」と言ってくれたのです。この街では、赤ん坊を連れた女性は譲られる権利があるみたいな態度で、道を譲ったぐらいでお礼など言われたことはありません。慌てた私は「どういたしまして」っと言う声が小さく枯れて出てきました(笑)。でも、とても気持が良かったです。別にお礼など言われなくても構わなかったのですが、実際に言われると気持がいいもんです。

そしてトレーダージョーズで買物していつものように長い長いレジの列に並んでいると、前にいた人が「ちょっと失礼します」と私を見て一言声をかけて少し離れた商品棚に何かを取りに行きました。この店はレジ列に並んでいる最中に近くの棚にある商品を取りに行くことが慣習になっているので、皆、黙って取りに行くことが多いのですが、この人の礼儀正しさに、私もこれからは後ろの人に一声かけて取りに行こうと反省しました。

トレーダージョーズを出て、買物袋をゴロゴロ引っ張っていると、向こうから大きな車付きの容器を運んで来る作業着のおじさんが来ました。よく「お見合い」とか表現する、避けようとして同じ方向に避けてしまう、それを私とおじさんがやりました。そして私が「すみません」と言うと、おじさんは丁寧に「奥様、失礼しました」みたいなことを言って去っていったのです。?おじさんはNY市に来たばかりの人だったのでしょうか。この日NY市でなく、どこか文化的な町に迷い込んだかと思いました。日本では日常茶飯事なことで、私のように感心などしないでしょうけど。

The Sisters Brothers 観ました

The Sisters Brothers

f:id:nykanjin:20181002060421j:plain

グラックコメディ。

1851年ゴールドラッシュたけなわの時期、借金を踏み倒して逃げた小男を探すように雇われた殺し屋兄弟が男を追い求めていく経過を描きます。

構成もカメラワークもハリウッドの垢がなく、少し変わっていてとても面白かったです。背景はオレゴンやカリフォルニアの景色のはず...ですが、実際にはスペインでロケしたようで、米国と似て非なる美しさに魅了されます。チョット残念なのは、やたらと人がぶち殺されることです。キャラの強い役者たちがいいです。

RIP Aznavour

 

f:id:nykanjin:20181001233013j:plain

『しゃがれ声で、背が低く、ハンサムでもない私』といつも自分を嘲笑するように言っていたアズナブールですが、彼の作った歌と彼の独特な歌い方は私の前の世代と私の世代の人々の心を掴んでいました。

 

今朝アズナブールが亡くなったとラジオで伝えていました。94歳。一昨年NYのコンサートでは、衰えを感じない歌い方で、まだまだ健在でいてくれると思っていました。アズナブールのサイトには今年の秋のコンサートの予定がまだ記載されたままでした。

Alpillesの自宅で亡くなったそうで、Alpillesをマップで見てみたら、清々しい山々に囲まれた美観の地です。Rest in peace, Aznavour.

 

TF-X

車から飛行体へ数分で変換できるTF-Xという乗物が Volvo社から来月前売販売され、来年出荷されるそうです。製造会社は Volvoの子会社Terrafugia。

滑走路は不要。渋滞になった時、スーッと浮かび上がれる車があればいいといつも思っていた私には嬉しい乗物です。多分,車の免許とヘリの免許が必要になると思います。コレがたくさん空を飛ぶようになると空中での追突事故が考慮されますが、まだまだ先の話です。


The Terrafugia TF-X™

 [後記] このビデオの車種は二人乗り。もし一人用の小型が開発されて手頃な値段で販売されたら、山奥に引っ込んで暮らしていても町へ買物に飛んでいける。山奥に引っ越したら借金してでも買いたい車。借金が死ぬまでに返せなくても銀行は残ったもの回収して家没収してチャラにしてくれそう。アッ、ワタシャ車の免許も持ってなかったっけ。この車種はコンピュータ化しているから、パーキングの難しさもなく、免許取得は楽かも。