ビーガンサラダ

きょうは、ヒヨコマメ、レッドビーンズ、白インゲンの三種類の豆を煮ました。白インゲンは煮あがりが早く、煮崩れしやすいので注意が必要です。

水が多いと豆が踊って形が崩れますので、どの豆もヒタヒタの水で弱火で煮ます。水がなくなったら一度火からおろし、煮崩れをなくすために水を足してしばらく置いておきます。そしてまた火にかけ水がなくなったら同じことを繰り返します。
豆の煮え具合をみて塩味を付けます。重曹をチョット入れると、とても柔らかくなって美味しいのですが、私はこの要領がまだ掴めず、豆の皮が剥けて、今回も白インゲンを煮崩してしまいました。

ヒヨコマメとレッドビーンズは何とか煮崩れせずに煮えました。野菜のインゲンを茹でて一口大に切り、ヒヨコマメとレッドビーンズと一緒に和えます。昆布ダシとレモン汁とゴマ油のドレッシング。赤、黄、緑のカラフルなビーガンサラダの出来上がり(但し、写真は私が作ったものでなく、ウェブから似た材料のものを借りてきました。私の作ったものはすでに相棒の腹の中)。

白インゲン豆は別にしました。刻んだニンニクを炒めてキツネ色にしたものと、薄切りにしたニンジンを塩もみしたものを混ぜて一品できあがり。白インゲンは舌触りがネットリしていますので、豆乳と砂糖を混ぜるとデザートにもなります。