NYにあるSasabuneという寿司屋

私たち夫婦は、年に1度か2度Veganを返上して寿司を食べます。週末に本格的な寿司が食べたくなったので、巷で美味しいと噂のSasabuneという寿司屋にいってみました。


寿司の味はまぁまぁでしたが、ご飯は小さく箸で摘むとボロッと崩れてしまいます。軽く握るのが寿司とは聞いていますが それにしてもしかと握ったようにはみえません。江戸前タレは付け過ぎで皿にドッチャリ残るほど。それから、醤油の皿も寿司の皿も全部安物のプラスチック!! なんだか情けなくなりました。「おまかせ」しか食べさせないという意気込みはいいのですが、安物のプラスチックでは色気も何もありゃしない。その辺の安寿司屋と同じです。そして私がヒカリモノと貝の生ものが食べられないと聞くとそれの代替を出してくれるのかと期待したら、それを抜くだけ。それで同じ料金を取るのですから江戸っ子気質のない残念な店でした。