Cotswolds AONB への旅 -その7 コッツウォルズAONBブロードウェイタワー

ほかにコッツウォルズの主なゴールデンビレッジと言われるチッピングカンプデンとブロードウェイにも行ってみました。

 

チッピングカンプデン

この町は、確かに古い石造りの家々が並んでいますが、表通りはなぜか重厚な感じが薄く、ゴタついた感があり、歩道も狭くて歩きにくい気がしました。裏道に廻ると感じの良い石造りの建物があり、簡単な散歩をするように見て廻りました。ガイドブックではこの町を一押ししていますが、私にはそれほどの町には思えませんでした。

f:id:nykanjin:20180622035151j:plain

 

古い家の階下はお店になっています。

f:id:nykanjin:20180622035214j:plain

 

 

 

 

 

 

←昔のままの構造のマーケット。今でも使われていて、ここでローカルの人がお店を出して市が開かれます。この日は誰も店を出していませんでしたけど。

 

 

 

f:id:nykanjin:20180622035246j:plain

町の裏に回ると、静かで教会などの建物が昔のままの姿を見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

そのあと、これも一押しされているブロードウェイという町へ向かいました。しかし、町に車を入れてみると、観光客だらけでゾッとしました。お土産屋が連なっていて混雑している様子が、せっかくのチャーミングな家々の雰囲気をぶち壊していました。運転している相棒に「ここは立ち寄らなくていい。通り過ぎるだけでいい」と促して、降りずに、そのまま先にあるタワーへ向かいました。

 

ブロードウェイタワー

f:id:nykanjin:20180622040403j:plain

小高い丘の上にポツンと一つだけ建っているタワーです。この辺に住んでいたお金持ちがその頃、金持のステイタスであったタワーを建てたらしいです。

 

 

 

f:id:nykanjin:20180622040519j:plain

建物の中は、小振りのミュージアムになっていました。3階まで展示場になっていて、その上が屋上の見晴らし台になっています。

 

 

 

f:id:nykanjin:20180622040600j:plain

 

 屋上の見晴らしは360度、美しい緑のフィールドが綿々と続いていました。

 

 

 

 

f:id:nykanjin:20180622040455j:plain

 

すぐ近くの丘に鹿の群れが横になって休んでいました。長閑(のどか)です。