安倍元首相の暗殺に思うこと

〔あべさんは「安部」でなく「安倍」と書くようです。以下訂正しました。〕

国を離れて51年、日本の政治に疎い私ですが、安倍晋三氏の血筋に岸信介、佐藤栄作がいることを思うと同氏も眉唾物だと思っていたのです。しかし、日本の保守派の話を聴いてみると、中国共産党CCPに立ち向かい日本を崩壊させないようにしようとした政治家であったらしく、少し見直したところです。

レーガンとワレサとヨハネパウロ二世が三つ巴でソ連を崩壊に導いたように、トランプとプーチンと安倍さんが三つ巴で欧米経済黒幕と中国共産党CCPを崩壊させようとする動きを察知した黒幕(+CCP)は3人を除外するための悪質計画(トランプの弾劾、プーチンの開戦など)いろいろと実行しています。トランプとプーチンの暗殺も計画されてはいても警備厳しく未だ成功せず、警備の緩やかな日本の安倍さんが先にやられたのだと思います。実行犯の男は、既に海自のころからか、又は職安で(黒幕側スパイに)目を付けられ、犯行に及ぶよう誘導されたものと思われます。

黒幕は決して正体を現すことをしません。JFKとRFKの暗殺、レーガンとヨハネパウロ二世の暗殺未遂にしても未だに種々説があり確信を突いた解明ができないのは、背後に大きな大きな組織が動いているためでしょう。